教育の難しさを知ることができました

今現在、自分の子供に教育を行っているのですが、実際に行っていくと、難しいと感じることが多くあることに気がつきました。
まず、自分の考えと子供の考えが違うため、話に納得してくれないことがあります。
また、途中で興味が薄れてくるのか、手遊びを始めたり回りをキョロキョロしたりとなかなかうまくいきません。
そのため今後の対策として、教育の内容を楽しませるように工夫していきたいと考えています。
例えば納得してもらうために子供にも分かりやすく話をしたり、教育の中では達成感を感じたり、自分で考える時間を作ってあげるようなことを挑戦していこうと考えています。
また、教材などを利用して、個人で勉強してもらおうとも考えていますが、考えるということに慣れるまでは、できる限り側にいて、ヒントを与えたりしていこうとも計画しています。
難しいので、そのための対策を考えるこちらも、今後の教育のことで、かなり勉強になっていると感じています。

現代日本における英語教育のすすめ

現在のグローバルな社会において、私たち日本人の多くが海外との繋がりを持っています。
海外に現地法人や支店を持つ日本企業も数多く存在し、国際社会における日本の役割は日々大きくなってきています。
そんな中で問題視されるのが日本人の英語力です。
戦後の英語教育では、読み書きが中心となってきたのは誰もが実体験とともに知っていることでしょう。
しかし実際に海外に出てみて、自分の英語力の低さに愕然としたという日本人も多いはずです。
机に座って勉強しているだけでは英語を話す力や聞く力は身に付かないということが、ここ数十年の間に露呈してきたのです。
ようやく最近になって、ネイティブの英語教師を授業に起用したり、実際に話したり聞いたりするという形式の授業展開を進めていくようになってきました。
これからの国際社会に後れをとらないためにもこういった教育方法は必須であり、今よりもさらにその内容を充実させていかなければなりません。

Copyright©教育 All Rights Reserved.

教育